日常生活に根付く「通信」

通信・システム・セキュリティのサイト その他役立つ情報

以前会社で使っていたデータベース

私が以前会社で使っていたデータベースは、スタンドアローンのもので、ソフトも限定的で非常に使いやすかったのです。
それが、全国の支店のデータベースを一元化し、本社一括管理になるということで、本社管理のサーバーに移管されることになりました。
ソフトも全国一律の物に変わり、その使い勝手の悪さは導入から3年以上経過する現在も悪評のみしかないのですが、私はこのサーバーのシステムにも大きな不満と疑問を抱いております。
まず、数百もある支店のデータを一台のサーバーで管理しているわけですから、データ量がものすごく多いのです。
私が会社で扱っていたデータでさえ、200万以上のリストを持っていましたから、これを数百個集めたらとんでもない数になりますよね。
結果、システムが重くなります。
ひとつのデータをやりとりするのに、数分かかることもしばしばあります。
また、バックアップをとる時間があるらしいのですが、その時間はそのレスポンスの悪さにさらに拍車がかかります。
ひとつのデータをやりとりするだけなのに、30分以上かかったり、タイムアウトしてしまったりするのですから。
サーバーによる一括管理のメリットがあることは否定しませんが、端末側ではデメリットばかりのように感じます。

話題の通信に関わる話は、実はユーザーが多いこのサイトをブックマークしましょう